河合医院 | 砺波市中央町の耳鼻咽喉科 医療法人社団和康会

花粉情報

2021年スギ花粉飛散量予測

2021年のスギ花粉は「やや少ない」予想。

スギの花粉飛散量は、雄花が着花し始める前年の夏(7月、8月)の天候に強く影響を受けます。日照時間、気温、降水量などが影響しますが、特に7月の日照時間が強く関係するようです。 富山県森林研究所によると2021年のスギ花粉飛散量は、2月~4月のシーズン中に平野部で1cm2当たり2,200個程度の見込みです。これは、花粉飛散の調査の平均値(3,126個 / cm2)の70%程度で、令和元年(7,690個 / cm2)と比べると半分以下の飛散量で、令和2年(2,140個 / cm2)と同程度の飛散量となります。
スギ花粉の飛散量は、11月下旬に県内11カ所で行ったスギ雄花の着花量調査(注)の結果から予測されますが、飛散量は年によって大きく違います。令和2年は梅雨が長引いたため、7・8月の平均日照時間は152.6時間で、平年(179.7時間)より27時間ほど短くなったことから、雄花の着花に適さない気候となり、平年よりやや少ない着花量になったと考えられます。スギ花粉の飛散量は一年おきに豊凶を繰り返す傾向があります。昨年は少ない飛散数でありましたが、ここ数年徐々に花粉量は増加傾向にあることより、平年よりやや少ない程度の飛散量予想に落ち着いたようです。ただし、一番関係が強いとされる7月の日照時間は1昨年よりさらに短い時間となっており、この指標のみで予想すると、さらに少ない飛散数となる可能性があります。
ただし、スギ花粉の飛散量は、近接するスギ林までの距離や風向きなどの影響を強く受けるため、場所によって大きく異なります。このため、予想をはるかに超える花粉が飛散することもありますので注意が必要です。

2021年スギ花粉飛散開始日

2021年 スギ花粉飛散開始日は平年並み

花粉飛散開始日は、ダーラム法(又はロータリー法)で1平方センチメートルあたりの花粉数が2日連続して1個以上になった初日です。飛散開始日は1月と2月の気温に大きく左右されます。1月からの積算温度がある温度に達すると開花し、飛散が開始されます。このため、1月と2月の気温が低ければ開花は遅れ、気温が高ければ開花は早まります。

富山県森林研究所によると、平野部の観測定点のスギ林から雄花の着いた枝を採取してきて、15℃に設定した人工気象器を用いて実験した結果、今年(令和3年)は、1月20日からの積算温度が120℃で開花し、このことから、今後の気温が平年並み(平成3~令和元年の平均値)に推移した場合、2月23日頃に開花し、花粉の本格的な飛散が始まると予想。これは、昨年(2月3日)より20日程遅く、過去の平均(2月25日)より2日程、早い開花予想となります。

飛散開始の2週間ほど前より治療を開始する初期治療の有効性は報告されていますので、早めの対策を心がけてください。開花が始まると平野部ではスギ花粉が連続的に観測されるようになります。そして、飛散量は急激に増加し、飛散量の多い状態が1カ月程度続きます。その後、次第に減少し、スギ花粉の飛散は概ね終息します。

砺波市スギ花粉飛散状況

当院屋上に設置してありますダーラム式花粉測定器による1平方センチあたりの花粉飛散数を、随時お知らせいたします。

  • 平成20年は、3月4日に本格飛散が開始し、3月14日前後をピークに、合計1,649個のスギ花粉が測定されました。
  • 平成21年は、2月12日に本格飛散が開始し、3月18日~20日をピークに、合計5,060個のスギ花粉が測定されました。
  • 平成22年は、2月14日に本格飛散が開始し、3月12日あたりがピーク。合計676個のスギ花粉が測定されました。
  • 平成23年は、3月5日に本格飛散が開始し、4月7日あたりがピーク。合計9,810個のスギ花粉が測定されました。
  • 平成24年は、3月7日に本格飛散が開始し、3月29日の667個をピークに、合計3,388個のスギ花粉が測定されました。
  • 平成25年は、3月5日に本格飛散が開始し、3月12日~17日をピークに、合計8,213個のスギ花粉が測定されました。

リアルタイム花粉測定機器(ポールンロボ)について

今年もウェザーニュース社の花粉プロジェクトに参加し、リアルタイム花粉測定機器(ポールンロボ)を設置しました。パソコンやスマホ、タブレット端末などで1時間ごとの測定データを見ることができます。当院のポールンロボへはこちらからどうぞ。
また、ウェザーニュース社の花粉ch.から県内各地・全国各地の情報を見ることもできます。

環境省花粉観測システム(愛称:はなこさん)

リアルタイムな花粉飛散状況を地図と表・グラフで見る事ができます。花粉飛散データは、観測地点から自動送信されており、毎時35分ごろに更新されています。富山県では、富山県庁舎と森林研究所が観測地点です。
※下記は外部サイトへリンクします。

詳しくはこちら